大宮で観光するなら

大宮の観光

大宮で観光をするなら、どんな場所に行けばいいのでしょうか。まず挙げられるのは、氷川神社ではないでしょうか。氷川神社は大宮駅の北東にある由緒ある神社。首都圏に存在する280もの氷川神社の総本社で、2000年の歴史を持つと言われる氷川神社が、「大宮」という地名の起源となったそうです。初詣の時期には参拝客でにぎわいますし、桜の時期にもきれいな景観となります。そんな氷川神社の裏には県営の公園である大宮公園が広がります。広くて開放感のある公園ですので、ご家族連れにもぴったりの場所といえるでしょう。桜の名所となっています。

 

そのほかでは鉄道博物館が有名なスポットとして挙げられます。鉄道博物館は鉄道の歴史を追うことができる博物館で、鉄道の原理や仕組みはもとより、鉄道に関わる資料などもたくさん保存されています。鉄道マニアや鉄道好きのお子さんはもちろん、大人にとっても見ごたえのある内容ではないでしょうか。大宮は鉄道をきっかけに発展してきた街といっても過言ではありませんので、鉄道の歴史を知ることで、今まで知らなかった大宮が同時に見えてくるのではないでしょうか。

 

そのほか、大宮周辺で観光するといえば、小規模ではありますが動物園や博物館があります。そして、なんといっても大宮駅前はとても発達していてお店も多くありますので、ぶらぶらとそぞろ歩くだけでも、新しいお店に出会える楽しみがあるのかもしれませんね。観光というよりも、ショッピングなどを楽しんでみても良いと思います。


大宮駅の東口

大宮は駅から離れると閑静な住宅地が続きますが、駅の周辺はというと、大規模な繁華街となっています。大きな百貨店や飲食店街、ショッピング街が続く駅周辺は、非常に利便性の高いエリアとしても知られています。ここでは、そんな大宮駅の東口について、紹介してみましょう。東口には店舗型の風俗店も多くありますが、もし大宮デリヘルで遊ぶならこちらはどうでしょうか。
大宮駅の東口は、県内でも有数の繁華街として知られています。その歴史は、昔、氷川神社のおひざ元として大宮が栄えたころから、門前町として栄えていたころにさかのぼります。氷川神社は駅の北東にあり、そこを訪れる方もいらっしゃいます。大宮は、氷川神社のおひざ元として栄えた後、一時的に人口が減ることとなりますが、そんな風に衰退してしまったあとも、鉄道の駅が設けられるようになってから真っ先に発展したエリアが大宮駅東口付近といえるでしょう。古くから開発されているため、立ち並ぶビルはそれぞれ歴史が古いのですが、古くからある店もある一方で、テナントが入れ替わるところもあり、古びた雰囲気はそれほど感じられない街となっています。

 

商業集積地として東口は昔から知られており、高島屋やロフト、ルミネなど大型の商業施設があります。そして、大型店だけでなく、大宮銀座通りという商店街もあり、昔ながらのお店もあります。そのほか、南銀座通り、北銀座通りといったそれぞれの通りがあり、それぞれの色を打ち出しています。駅前はとにかく店が多く、交通量も多い場所で、遅くまでにぎわっています。


大宮駅の西口

大宮駅は埼玉県のなかでも有名な主要駅です。交通の要衝として古くから発達してきた大宮駅ですが、在来線や新幹線などさまざまな線が乗り入れ、賑わいを見せています。駅としての利便性は非常に高いので、住む場所としても人気ですね。特に駅周辺は非常に発達しており、ちょっとした食事やショッピングをするには事欠かない場所となっています。そんな大宮駅ですが、西口と東口で大きく分かれますので、ここでは西口について紹介してみたいと思います。

 

大宮駅の西口は、東口と比較すると少し後になってから開発された地区です。鉄道工場は西口のほうにありますので、比較的昔から西口はあったのですが、早くから発達していたのはどちらかというと東口でした。ただ、1970年代頃から、大宮駅前の再開発が行われたこともあって、西口も急速に発展することとなりました。多くの商業施設ができており、発展をみせています。西口にある建物としては、そごうの入っている大宮スカイビル、ダイエーや丸井の入っているDOMをはじめ、大宮アルシェ、大宮ソニックシティ、シーノ大宮など、大規模なビルが多く立ち並んでいます。

 

大宮駅は、西口も東口も非常に発展しており、利便性の高い駅であるといえます。少し時間をつぶすときでも、ちょっとした買い物をしたいときでも、空いた時間で食事をとるときでも、さまざまなお店がそろっていますので、どんなケースにも対応できるのではないでしょうか。


大宮でショッピング

大宮でショッピングをするなら、どのあたりになるのでしょうか?大宮駅周辺でショッピングをしたいと思うなら、まず駅の東口あたりが大きな繁華街となっていますので、そちらへ行くのが良いのではないでしょうか。高島屋やロフト、ルミネなど大型の店舗はもちろん、中規模、小規模のお店もたくさんありますので、ちょっとした買い物をするなら十分といえる立地です。何か買いたいものがあれば、ひと通りは揃う・・・そんな利便性の高い街が、大宮ともいえるでしょう。

 

逆に、西口のほうであれば、ダイエーや丸井、東急ハンズが入るDOMや、そごうが入る大宮スカイビル、大宮アルシェや大宮ソニックシティなどがあります。こうして紹介していると、とにかく店舗数はそれなりに多く、ショッピングには困らない場所であることが分かるのではないでしょうか。そんな点も、大宮というエリアが人気のある理由のひとつです。

 

その一方で、チェーン店も多く、都心と比較すると目新しいお店が少ない、これといった特徴がない、ということも大宮の特徴のひとつです。そのため、ひと通りのものはそろい、欲しいものも大体は手に入るけれど、オリジナリティのあるショッピングをしたい方には向かないエリアといえるかもしれません。大宮というエリアは基本的にショッピングには便利ですが、気合を入れてショッピングをしたい、オリジナルのものを手に入れたい、というときには、別の場所を探すのもひとつではないでしょうか。